人気ブログランキング |

野鳥

f0360815_17144080.jpg
オオルリ
f0360815_17144075.jpg
カケス
f0360815_17144054.jpg
イヌワシ
f0360815_17141706.jpg
ヒヨドリ


by minoru-eco-kinoko | 2019-05-07 17:16 | 野鳥

野鳥

f0360815_14410458.jpg
ツバメ
f0360815_14410557.jpg
モズ
f0360815_14410408.jpg
キジバト
f0360815_14410414.jpg
トビ
f0360815_14410462.jpg
カラス
f0360815_14410464.jpg
ホオジロ
f0360815_14410454.jpg
スズメ

亜高山帯の野鳥、営巣地へ帰った

植野自然塾に通信
3月29日花梅開花


by minoru-eco-kinoko | 2019-03-30 14:44 | 野鳥

オオタカ

f0360815_14415655.jpg
オオタカ飛翔
f0360815_14415692.jpg
番で飛ぶ
f0360815_14415648.jpg
樹上で小動物を狙う
f0360815_14415731.jpg
狙いを定めて獲物に突進

2018年、1月ごろ雄が飛来
2月になると雌がやってくる
そのまま三依地区にて営巣繁殖
2019年、営巣はなかった

野鳥の頂点に立つ猛禽類オオタカ
大空を滑空する様は優雅だ
自分もオオタカの様に飛び立ちたい
そう願って山釣り装備を点検中
奥山イワナが開かれる5月下旬からスタートさせたい




by minoru-eco-kinoko | 2019-03-20 14:56 | 野鳥

ニホンザル

f0360815_16240096.jpg
f0360815_16235969.jpg
f0360815_16235984.jpg
ニホンザル
本州下北半島を北限、四国、九州に棲息
雌サルは春に1仔を産む
親子の愛情は強く、幼く死んでも我が子を1週間ぐらい抱きかかえている
昼行性、木の実や青物それに昆虫も食べる
母子ザルを中心に集団性格を営む

by minoru-eco-kinoko | 2019-03-17 16:31 | 山の生きもの

ニホンカモシカ

f0360815_14531348.jpg
f0360815_14531302.jpg
特別天然記念物ニホンカモシカ
狩猟対象外なのでのんびりしている

by minoru-eco-kinoko | 2019-03-09 14:55 | 山の生きもの

野良山に帰る

f0360815_15503690.jpg
縄張りをパトロールする野良
f0360815_15503575.jpg
我が家でエサを待つ野良
f0360815_15503666.jpg
寒風に耐える野良
f0360815_15503591.jpg
好物だったおでん
ゴボウ、大根、ニンジン、きのこを食べた
f0360815_15503534.jpg
野良の食器
f0360815_15503579.jpg
野良の生まれたところ
母猫アマゾネスの仔として生まれる
f0360815_15503557.jpg
野良の散歩コース
f0360815_15503517.jpg
母猫アマゾネスの生活の場
母猫が死ぬと野良も母猫のテリトリーを受け継ぎここで8年間育つ

2018年春、老猫になった野良は我が家にやってくるようになる
それから1年後、2010年2月17日を最後に姿を消す

野良との接近、最初5m
それから3mになる
しかし、それ以上近寄るよ、威嚇して逃げる

野良を見た最後の日、2mに接近できたが、毎度の威嚇はなかった
それは1年間、餌をもらったお礼なのだろう
優しく穏やかな野良であった

野良の足取りは生まれ育った山に向かったのだ
野生で山育ちの動物の最後は山で死ぬ
その亡骸を見ることはできない
老猫の醜態など誰にも見せることはない

死んでいった野良の屍はやがて他の獣によって食われる
それが山に生きた動物の宿命なのだ
野良もこの掟に従った

こうしてアマゾネスから野良に受け継がれた野生猫の物語は終焉
たった1年であった野良との交情は終わる
それでも野良の生き様から学んだ教訓は今後の山行きに活かされる
もう野良には会うことはできないが、お疲れさまでしたと申し上げたい


2月17日


by minoru-eco-kinoko | 2019-03-03 16:32 | しがらみ

さよなら野良

f0360815_15064471.jpg
ラッセルしながら我が家にやってくる野良
f0360815_15064423.jpg
野良と声をかければ振り向く

野良猫を始めてみたのが8年前
野良は限界集落三依地区で暮らす野生ネコ
2018年春ごろ我が家にやってきた
それから1年後、突然野良は姿を消す
f0360815_15064499.jpg
我が家の野良の餌場
f0360815_15064447.jpg
好物のタイの粕漬骨は3日前からそのまま
ほぼ毎日我が家にやってきて、あまりもの食べ物を食べていた
果物生野菜以外、煮物にすれば何でも食べた
特に魚が好きで頭付きのサンマをむさぼり食べた
煮きのこも好んで餌になる

夏のイワナ遠征釣行で4日開留守にもかかわらず帰還後、出迎えてくれた



2月20日を最後に野良は消えた
それから野良探しをやってみたものの、野良の姿は確認できない
かなり老齢猫なのでどこかで死んだに違いない
我が家にやってきたのも、思うように自前でエサ探しはできなくなった理由のようだ
野良の死はそれはやはり寂しい
何となく自分と野良との交情があったのは確かだ

2度、我が家の家に入ったことがあったが、自分は追い返した
野良は厳冬期氷点下15に耐え忍び、ここまで生きていたのだ
それが野良らしく野生で暮らした証だから
野生ままで天寿を全うしてほしい願いが自分にある

野良は母親猫アマゾネスの雄子猫としてこの世に誕生した
飼い猫と違い自前でエサ確保をしなければ生きていけない
春から秋までであれば食糧調達は易しい
けれども冬になれば餌は不足する
2017年まで1年中、餌を調達できた野生の猫であった
その生き様は尊敬に値する

野良との交流は終わった
たった1年余野良との出会い、それは自分にとってプラスになった

さらば野良、お前は偉かった





by minoru-eco-kinoko | 2019-02-27 15:54 | しがらみ

アニマルトラック

f0360815_15313798.jpg
テン
f0360815_15313735.jpg
シカ
f0360815_15313710.jpg
リス
f0360815_15313774.jpg
ヤマドリ
f0360815_15313677.jpg
サル

雪解けが進み山地斜面の積雪は少ない
動物たちの山帰りが始まる


by minoru-eco-kinoko | 2019-02-19 15:33 | アニマルトラック

アニマルトラック

f0360815_15423524.jpg
ウサギ
f0360815_15423415.jpg
ネズミ
f0360815_15423481.jpg
キツネ
f0360815_15423485.jpg
ヤマドリ
f0360815_15423473.jpg
タヌキ
f0360815_15423468.jpg
テン
f0360815_15423405.jpg
リス
f0360815_15423457.jpg
ネズミ
f0360815_15423339.jpg
テンはネズミの巣穴を見つける


by minoru-eco-kinoko | 2019-02-16 15:45 | アニマルトラック

サル

f0360815_15272634.jpg
f0360815_15272649.jpg
野生の猿が山から下りてきた

by minoru-eco-kinoko | 2019-02-11 15:28 | 山の生きもの