山釣りイワナ教室

f0360815_16203599.jpg
                       午前6時集合
                    今日のイワナフィールド
渓流は原生林内を流れる

マイカを捨て2時間30分歩く

天然イワナ

f0360815_16203508.jpg
f0360815_16203577.jpg
f0360815_16203644.jpg
f0360815_16203681.jpg
f0360815_16203772.jpg
源流イワナを釣る

f0360815_16203599.jpg
f0360815_16203713.jpg
帰路は渓斜面を登る

午後3時自宅着、7月のキャンプ釣行の打ち合わせ
午後4時、解散

[PR]
# by minoru-eco-kinoko | 2017-06-10 16:27 | 山釣りイワナ | Comments(0)

春きのこ

f0360815_15590962.jpg
アマタケ
f0360815_15590874.jpg
スギエダタケ
f0360815_15590943.jpg
クヌギタケ
f0360815_15590904.jpg
ヒノキオチバタケ
f0360815_15591038.jpg
f0360815_15591038.jpg
ベニカノアシタケ
f0360815_15591099.jpg
気温
f0360815_15591073.jpg
地温


[PR]
# by minoru-eco-kinoko | 2017-06-09 16:01 | 今日のきのこ | Comments(0)

珍しいきのこ

f0360815_16430507.jpg
タマチョレイタケ科タマチョレイタケ属
タマチョレイタケ
傘の径8センチ
f0360815_16430447.jpg
きのこ本によれば、自生地はブナ林
自分が見つけたきのこ場はカラマツ林
f0360815_16430433.jpg
地上生
茎の径10ミリ
f0360815_16430427.jpg
石のように固い根の付いた,菌核から発生
f0360815_16430593.jpg
きのこ裏面
管孔は微細
傘は薄く皮質で肉はない

余談ながら

ブナ林産タマチョレイタケも1か所知っているが、カラマツ林からのきのこは初見参
ただし、きのこ菌核に絡まっている根はカラマツかであるかは不明
今回、勉学上きのこ根を切断してしまい、きのこは来年度発生するかは定かではない


[PR]
# by minoru-eco-kinoko | 2017-06-08 16:55 | 今日のきのこ | Comments(0)

春きのこ

f0360815_15570636.jpg
f0360815_15570751.jpg
f0360815_15570755.jpg
アマタケ
f0360815_15570736.jpg
キイロスッポンタケ
2週間、合計8個のきのこが誕生
このきのこがラストのキイロスッポンタケ
f0360815_15570765.jpg
ヒロヒダタケ
毒きのこ
f0360815_15570880.jpg
スギエダタケ
雨不足で干からびた
f0360815_15570817.jpg
f0360815_15570885.jpg
黄色型モリノカレバタケ
f0360815_15570864.jpg
気温
f0360815_15570833.jpg
地温

余談ながら

関東地方まもなく梅雨入り
イワナ熱中時代であれば、雨は天敵
現在、きのこ中心なので降雨は大歓迎
きのこに限らず、今は植物たちも雨を望んでいる
明日からのまとまった雨に期待している


[PR]
# by minoru-eco-kinoko | 2017-06-07 16:07 | 今日のきのこ | Comments(0)

山の花

f0360815_14521493.jpg
f0360815_14521548.jpg
ラン科エビネ属 サルメンエビネ
葉、細長い幅の広い4から5枚の葉を手状に開く
茎、太さ5ミリ、長さ30センチでしばし翌年まで枯れ茎を残す
萼片、5枚で手状に広げる
唇弁、大きく自生地によってトサカ状の差異を生ずる
花期、6月
花全体がサルの顔面に似ていることから和名となった
f0360815_14521535.jpg
f0360815_14521532.jpg
サクラソウ科サクラソウ属 クリンソウ

山地の湿地に自生地がある多年草
のこぎり状葉の中心部から長い茎をのばす
茎の上部に花を輪生させる
花期、5月から6月



[PR]
# by minoru-eco-kinoko | 2017-06-06 15:14 | 植物学 | Comments(0)