タグ:きのこ ( 211 ) タグの人気記事

きのこ料理

f0360815_17153191.jpg
冷蔵保存ヒラタケを洗ってから、油、酒、みりんで味付け。仕上げは味噌で味を調える。
f0360815_17153127.jpg
ヒラタケの歯ごたえときのこ出汁を引き出す、油との相性は良好だ。今年初のきのこ料理ができた。

[PR]
by minoru-eco-kinoko | 2016-06-01 17:20 | きのこクッキング | Comments(0)

ブナ林きのこ

f0360815_16313142.jpg
今日のきのこ場、ブナ林
f0360815_16313017.jpg
クヌギタケ
f0360815_16313185.jpg
クヌギタケ裏面
f0360815_16313163.jpg
昨年秋に出たツチグリ残骸
f0360815_16313155.jpg
今年発生したサルノコシカケ
f0360815_16313141.jpg
アラゲカワラタケ
f0360815_16313111.jpg
アラゲカワラタケ裏面

「晴れたらきのこ狩り」を合言葉に、今日はブナ林へ向かう。例年の半分もない渓流水を横目にコナラ林からブナの森をトレッキング。やはり山は乾燥しているから、めぼしいきのこの発生はない。雨は当分見込めないから只今きのこ狩りは苦戦中。

[PR]
by minoru-eco-kinoko | 2016-05-31 16:41 | 今日のきのこ | Comments(0)

f0360815_16034458.jpg
針葉樹の森
f0360815_16034477.jpg
倒木帯にきのこを探す
f0360815_16034359.jpg
ウラジロモミ倒木に発生中のツガノサルノコシカケ
f0360815_16034335.jpg
アラゲカワラタケ
f0360815_16034307.jpg
ほんのすこし出ていたヒラタケ
f0360815_16034497.jpg
オオウロコダケ
f0360815_16034401.jpg
今日もあったクロサルノコシカケ


本日、目先を変えてクロベ、トウヒ、ウラジロモミが残された原生林に入山、針葉樹と共生しているきのこを求めてトレッキング。しかし、お目当てのきのこはない。今日の雨はほんの少しの雨を記録しただけなので菌根菌きのこは予想通り全くなかった。それでも第二と第三目的だった山調査はできたのでそれなりの収穫があった。

[PR]
by minoru-eco-kinoko | 2016-05-30 16:18 | 今日のきのこ | Comments(0)

ブナ林きのこ

f0360815_14352762.jpg
ウラベニガサ
f0360815_14352734.jpg
ウラベニガサ裏面
春に発生する食菌だが食べる気にはならない
f0360815_14352751.jpg
直径25センチに生長したクロサルノコシカケ
きのこ裏面は白色
f0360815_14352781.jpg
クジラタケ
f0360815_14352747.jpg
ツガサルノコシカケ
広葉樹に着生していた
f0360815_14352763.jpg
本日のきのこ舞台はブナ林
f0360815_14352793.jpg
クロフチシカダケ
f0360815_14352749.jpg
ナカグロモリノカサ


昨日同様ブナ林を歩く。きのこ場を西へ移動しブナとイヌブナ中心の森に入る。この地も山は異常乾燥中で樹木と共生しているきのこを探すも、やはり山は自分の期待とは裏腹で、期待のきのこは全くない。

[PR]
by minoru-eco-kinoko | 2016-05-29 14:49 | 今日のきのこ | Comments(0)

f0360815_14452582.jpg
今日のきのこ舞台、ブナ林
f0360815_14452493.jpg
ミズナラ林
f0360815_14452458.jpg
クジラタケ
f0360815_14452440.jpg
優良食菌きのこヒラタケ初収穫
f0360815_14452475.jpg
シイタケ
f0360815_14452599.jpg
ツガサルノコシカケ
f0360815_14452546.jpg
ミヤマウラギンタケ
f0360815_14452506.jpg
ツリガネタケ
f0360815_14452552.jpg
ダケカンバに寄生したカワラタケ
f0360815_14553392.jpg
クロサルノコシカケ
f0360815_14553313.jpg
いつものブナの根元で一休み



昨日、雨が降ったのできのこ発生が期待できるから、原生林が残っているブナ、ミズナラ林を歩く。案の定、食べられるヒラタケを収穫できた。きのこ遊悠学がスタートしてから6日目、ようやく優良きのこが出ていた。きのこ成分の9割が水分、雨が降らなければきのこは出ない。6月になればそろそろ梅雨模様となる。まだきのこ形のきのこ、ハラタケ類、菌根菌発生はないが、そろそろ早出きのこであるイグチの仲間のきのこ発生を待ち望んでいる。

※きのこ名は山と渓谷社、きのこ図鑑から採用する

[PR]
by minoru-eco-kinoko | 2016-05-28 15:08 | 今日のきのこ | Comments(0)

珍しいきのこ





  • f0360815_16374732.jpg
    渓流を見ながら歩いた際、はっ
  • 渓流を見ながら歩いていたら、遠方に黄色い目立つものを発見する。
  • 名前をきのこ図鑑で調べてみれば、アラキクラゲ科のハナビラダクリオキンというきのこのようだ。ゼラチン質のきのこであまり見かけることはない。よくよく観察すれば、きのこは茶碗型の集合体、実にユニークきのこといえる。

[PR]
by minoru-eco-kinoko | 2016-05-27 16:47 | 今日のきのこ | Comments(0)

アカマツ林のきのこ探し

f0360815_18185286.jpg
アカマツ尾根をきのこを求めて歩く
f0360815_18185268.jpg
きのこは全く出ていない
f0360815_18185228.jpg
予定していたが、やはりきのこは出ていなかった。

[PR]
by minoru-eco-kinoko | 2016-05-26 18:21 | 今日のきのこ | Comments(1)

コナラ林のきのこ

f0360815_15190537.jpg
新緑期となったコナラ林
f0360815_15190524.jpg
ツリガネタケ
f0360815_15190516.jpg
アラゲカワラタケ
f0360815_15190550.jpg
オオシワタケ


コナラとの共生関係が継続しているきのこを求めて、コナラ林をトレッキング。山は例年にない乾燥注意報発令中、よってめぼしいきのこは出ていない。それでも山に入る理由は優良きのこ発生がいつになるのか? 興味はその辺にある。毎度のことながら、雨待ち状態が現在のきのこ事情といえる。


[PR]
by minoru-eco-kinoko | 2016-05-25 15:29 | 今日のきのこ | Comments(0)

f0360815_16102344.jpg
ミドリスギタケ
f0360815_16094713.jpg
クヌギタケ
f0360815_16094720.jpg
今日のきのこ場、ブナ林
f0360815_16094719.jpg
コフキサルノコシカケ
f0360815_16094742.jpg
ナラタケ幼菌
f0360815_16094717.jpg
アラゴケベニチャワンダケ
f0360815_16094625.jpg
キコブタケ
f0360815_16094686.jpg
名前不明きのこ
f0360815_16094605.jpg
名前不明きのこ
f0360815_16094603.jpg
名前不明きのこ

本日、原生林内に自生する、ブナやミズナラ林のきのこを探索する。山に生えている春きのこは名前の知らないきのこがあって戸惑ってしまう。これから雨が降れば多彩なきのこ山を彩ってくれることを期待する。

[PR]
by minoru-eco-kinoko | 2016-05-24 16:36 | 今日のきのこ | Comments(0)

雑木林のきのこ

本日、コナラ中心の雑木林に自生するきのこを探す。

f0360815_16304471.jpg
新緑の雑木林

f0360815_16304456.jpg
薬酒に使えるカワラタケ
f0360815_16304417.jpg
ツリガネタケ
f0360815_16304463.jpg
山で行き会った知人と歩いた


5月になってから晴れ間が続行中、今日は春きのこを求めてコナラ林を歩いてみた。さほどの期待はしていなかったが、案の定、きのこはほとんど出ていない。新ブログ、きのこ遊悠学に移行してから、初のきのこ探しトレッキングとなる。山きのこは今、雨が降らなければ発生はないようだ。



[PR]
by minoru-eco-kinoko | 2016-05-23 16:39 | 今日のきのこ | Comments(1)