f0360815_14452582.jpg
今日のきのこ舞台、ブナ林
f0360815_14452493.jpg
ミズナラ林
f0360815_14452458.jpg
クジラタケ
f0360815_14452440.jpg
優良食菌きのこヒラタケ初収穫
f0360815_14452475.jpg
シイタケ
f0360815_14452599.jpg
ツガサルノコシカケ
f0360815_14452546.jpg
ミヤマウラギンタケ
f0360815_14452506.jpg
ツリガネタケ
f0360815_14452552.jpg
ダケカンバに寄生したカワラタケ
f0360815_14553392.jpg
クロサルノコシカケ
f0360815_14553313.jpg
いつものブナの根元で一休み



昨日、雨が降ったのできのこ発生が期待できるから、原生林が残っているブナ、ミズナラ林を歩く。案の定、食べられるヒラタケを収穫できた。きのこ遊悠学がスタートしてから6日目、ようやく優良きのこが出ていた。きのこ成分の9割が水分、雨が降らなければきのこは出ない。6月になればそろそろ梅雨模様となる。まだきのこ形のきのこ、ハラタケ類、菌根菌発生はないが、そろそろ早出きのこであるイグチの仲間のきのこ発生を待ち望んでいる。

※きのこ名は山と渓谷社、きのこ図鑑から採用する

[PR]
# by minoru-eco-kinoko | 2016-05-28 15:08 | 今日のきのこ | Comments(0)

珍しいきのこ





  • f0360815_16374732.jpg
    渓流を見ながら歩いた際、はっ
  • 渓流を見ながら歩いていたら、遠方に黄色い目立つものを発見する。
  • 名前をきのこ図鑑で調べてみれば、アラキクラゲ科のハナビラダクリオキンというきのこのようだ。ゼラチン質のきのこであまり見かけることはない。よくよく観察すれば、きのこは茶碗型の集合体、実にユニークきのこといえる。

[PR]
# by minoru-eco-kinoko | 2016-05-27 16:47 | 今日のきのこ | Comments(0)

アカマツ林のきのこ探し

f0360815_18185286.jpg
アカマツ尾根をきのこを求めて歩く
f0360815_18185268.jpg
きのこは全く出ていない
f0360815_18185228.jpg
予定していたが、やはりきのこは出ていなかった。

[PR]
# by minoru-eco-kinoko | 2016-05-26 18:21 | 今日のきのこ | Comments(1)

コナラ林のきのこ

f0360815_15190537.jpg
新緑期となったコナラ林
f0360815_15190524.jpg
ツリガネタケ
f0360815_15190516.jpg
アラゲカワラタケ
f0360815_15190550.jpg
オオシワタケ


コナラとの共生関係が継続しているきのこを求めて、コナラ林をトレッキング。山は例年にない乾燥注意報発令中、よってめぼしいきのこは出ていない。それでも山に入る理由は優良きのこ発生がいつになるのか? 興味はその辺にある。毎度のことながら、雨待ち状態が現在のきのこ事情といえる。


[PR]
# by minoru-eco-kinoko | 2016-05-25 15:29 | 今日のきのこ | Comments(0)

f0360815_16102344.jpg
ミドリスギタケ
f0360815_16094713.jpg
クヌギタケ
f0360815_16094720.jpg
今日のきのこ場、ブナ林
f0360815_16094719.jpg
コフキサルノコシカケ
f0360815_16094742.jpg
ナラタケ幼菌
f0360815_16094717.jpg
アラゴケベニチャワンダケ
f0360815_16094625.jpg
キコブタケ
f0360815_16094686.jpg
名前不明きのこ
f0360815_16094605.jpg
名前不明きのこ
f0360815_16094603.jpg
名前不明きのこ

本日、原生林内に自生する、ブナやミズナラ林のきのこを探索する。山に生えている春きのこは名前の知らないきのこがあって戸惑ってしまう。これから雨が降れば多彩なきのこ山を彩ってくれることを期待する。

[PR]
# by minoru-eco-kinoko | 2016-05-24 16:36 | 今日のきのこ | Comments(0)