夏きのこ

f0360815_15220067.jpg
シロホウライタケ
日照りでちじんでいたきのこが、雨を受けて復活する
ホウライタケの仲間共通の特徴
f0360815_15220062.jpg
f0360815_15220016.jpg
アマタケ
茎は褐色
f0360815_15220167.jpg
f0360815_15220196.jpg
カブベニチャ
アマタケに似るものの、茎は白色で和名となった株状に発生する
f0360815_15220379.jpg
f0360815_15220342.jpg
アワタケ、食きのこ
管孔に触れれば青色する
f0360815_15220457.jpg
サラエノハラタケ
食きのこながら、このきのこは老菌で食べられない

余談ながら

降雨があって夏きのこの発生がちらほら見かけられる
今も雨不足、梅雨末期の降雨がほしいところだ

[PR]
by minoru-eco-kinoko | 2017-07-16 15:33 | 今日のきのこ | Comments(0)