初冬きのこ

f0360815_16181061.jpg
f0360815_16173773.jpg
f0360815_16173863.jpg
秋の終わりから初冬にかけてカラマツ林にひっそり発生するきのこが、オトメニカサだ。
全体を淡黄白色に覆われ、傘中心部淡褐色。茎も白色なのでスギ林に出る、スギエダタケと比べれば簡単に見分けられる。
発生量は少なく、カラマツ林を探索しても発見はたやすくない。
かれこれ1週間、オトメノカサを探していたが、本日ようやくスギとカラマツ混成林内地上にて見つけることができた。
きのこの少ない初冬を代表するきのこで、それは10年ぐらい会っていない、好きな女に再開した心境になった。

[PR]
by minoru-eco-kinoko | 2016-11-23 16:35 | 今日のきのこ | Comments(0)