コナラ林きのこ

f0360815_16013111.jpg
アケリカウラグロイロガワリ、食べられる
f0360815_16013135.jpg
f0360815_16013117.jpg
ニガイグチモドキ
f0360815_16013143.jpg
アカジコウ幼菌
f0360815_16072222.jpg
カワリハツ
f0360815_16072237.jpg
アミタケ
f0360815_16072243.jpg
f0360815_16072220.jpg
ハンノキイグチ
f0360815_16072288.jpg
ハンノキイグチ幼菌
f0360815_16112109.jpg
テングタケ
f0360815_16112125.jpg
サラエノハラタケ
f0360815_16112141.jpg
フキサクラシメジ
きのこ図鑑によれば針葉樹林内に発生すると記録されていたが、コナラ林に出ていた。

今日の天気は曇り、しかし当地では晴れている。異常乾燥警報発令中。このまま天気が推移されれば、夏きのこの出番は大幅に遅れる。山を歩いていても、シベリア高気圧の影響だろうか、涼しい風が吹いている。強く吹けば、山斜面から土誇りがまいあっがって困り果てている。明日の天気は雨だから、本日のきのこロード最終地点にある山神様に向かって、雨が降ってほしいとお願いしてから帰路に着く。
追伸
今のきのこ事情
現在出ているきのこで目立つのはベニタケ科ベニタケ属きのこと夏イグチの仲間が少々、数は例年度に比べて圧倒的に少ない。当方が期待しているチチタケ属きのこの姿はまだ1本もない。明日雨が降っても待ち望んでいるきのこ収穫は8月の声を聴かなければ出ないのではないかと心配している。自分のきのこ発生予想が、外れてほしいと切に希望する次第であります。


[PR]
by minoru-eco-kinoko | 2016-07-25 16:20 | 今日のきのこ | Comments(0)