チタケ探し

f0360815_16123017.jpg
チシオハツ
アカマツの混じる雑木林に発生するきのこ、食毒不明きのこ
f0360815_16123044.jpg
今日のきのこ場、早生チタケが出るコナラ林
f0360815_16123083.jpg
ヤブレベニタケ
f0360815_16123076.jpg
キホウキタケ、毒
f0360815_16123010.jpg
f0360815_16123075.jpg
ウコンハツ

午前中、早生チタケが出るコナラ尾根に行ったものの、チタケは全く発生していない。

早昼を食べてチタケ第二ポイントへ、自宅から南下する

f0360815_16225703.jpg
午後の部、コナラ林
f0360815_16225795.jpg
コナラと共生するベニタケ科きのこが目立つ
f0360815_16225737.jpg
f0360815_16225738.jpg
f0360815_16225800.jpg
今年初物チタケ
f0360815_16282248.jpg
アケボノサクラシメジ
f0360815_16282349.jpg
f0360815_16282353.jpg
ヒロハチチタケ
チタケ同様食べられるものの、当地ではオトコチタケと呼ばれていて、初期チタケ狩りでは収穫するが、チタケ本番では見向きもしない
ヒダに触れると白い乳液を分泌するが、変色はしない。
f0360815_16282453.jpg
今日のきのこ収穫

そろそろチタケが恋しくなり、チタケ山を歩く。午前中はゼロ。午後から入ったチタケ場にて、要約チタケを見つける。けれどもホンチタケは1本のみ。本格的発生はあと1週間程度待たなければなるまい。やはり少雪少雨がきのこに影響していることは必至だ。栃木県南部はかなりの降雨があったのに、チタケ本場である北部山地はほとんど雨は降らないでいる。このままの状態が続行すれば、きのこ不作年度になるようで心配しているが、、、、。

[PR]
by minoru-eco-kinoko | 2016-07-21 16:44 | 今日のきのこ | Comments(0)