アカマツ混じる雑木林きのこ

f0360815_16401095.jpg
アカマツと共生しているアミタケ
湯がけばきのこが紫色に変化、和洋中万能きのこ
f0360815_16401028.jpg
今日のきのこ場、アカマツのあるコナラ雑木林
地面に出ているきのこ、ドクベニタケ
f0360815_16401014.jpg
ドクベニタケ
f0360815_16401037.jpg
アマタケ、落葉分解菌
f0360815_16401026.jpg
ヌメリイグチ食べられる
f0360815_16474965.jpg
最近よく見かけるニカワホウキタケ
f0360815_16474962.jpg
ヒラタケ
立ち枯れハンノキが倒壊してから3年後ヒラタケが発生する
f0360815_16475023.jpg
f0360815_16474969.jpg
優良きのこアカヤマドリ、初見産
傘、管孔、柄の3種が味わうことができる
f0360815_16555133.jpg
上部シロニカワタケ
下部ムラサキゴムタケ
f0360815_16555179.jpg
オシロイタケ
きのこ入門時代、このきのこをブナハリタケと間違って採集、試食した経験がある
食中毒は起きなかったがうまくなかった
f0360815_16555072.jpg
イッポンシメジに似ている?
f0360815_16555018.jpg
テングタケ

今日のきのこたち

長靴、傘持参のきのこ狩り。雨などに負けられない。本日のきのこコースは10日も空けてしまい、案の定、目的きのこアミタケは大半が流れていた。それに同時進行している、野生ラン自生地は何者かに盗掘され3株あったランの姿なし。せっかく当地を訪問する度、優しく迎えてくれたランの花はここにはなくなっていて、失望を隠せない。

昨日、7時間歩いた疲れがあるなか、迎え酒同様、迎え山歩きとなる。それにしても想定外きのことの出会いがあって、いつの間にか疲れは吹っ飛んでいたから、きのこパワーなるものは面白おかしいもののような気がするから不思議だ。

[PR]
by minoru-eco-kinoko | 2016-07-13 17:12 | 今日のきのこ | Comments(0)