コナラ林から雑木林きのこ

f0360815_16172644.jpg
コナラ林
f0360815_16174658.jpg
コナラ混じる雑木林、各種広葉樹が林立するときのこは豊富になる
f0360815_16214950.jpg
ハナホウキタケ、毒きのこ
f0360815_16214912.jpg
ベニタケ科の代表的毒きのこ、毒ベニタケ
f0360815_16214916.jpg
ナカグロモリノカサ、このきのこも毒きのこ
f0360815_16265542.jpg
f0360815_16265590.jpg
本日発見した唯一の食菌、アメリカウラグロイロガワリ
一見、毒々しいものの傘の柔らかさと柄の歯ごたえは食通にはたまらない魅力だ
管孔に手を触れれば青色する
イグチノ仲間では発生は早い
f0360815_16265508.jpg
クニギタケ
f0360815_16265555.jpg
f0360815_16265565.jpg
埋もれ木から養分をもらって地上にウサギの耳状に群がって発生する

今日のきのこ場状態

ブナ林と同じく、地温度上昇と降雨がある程度重なったおかげで、山地夏きのこは順調な発生を見ている。しかし、5月から6月にかけての降雨量は著しく少なく、地下きのことしては今まで以上の雨を待ち望んでいる。

掲載しているきのこ名について

手元にあるきのこ図鑑から一番似ているきのこ名を時間を費やし検討の結果をもとに採用しています。

[PR]
by minoru-eco-kinoko | 2016-07-03 16:40 | 今日のきのこ | Comments(0)