ミズナラからブナ林きのこ

f0360815_16383065.jpg
これもきのこ、キクラゲ類ヒメキクラゲ
f0360815_16383068.jpg
f0360815_16383007.jpg
マスタケ、食べられる
f0360815_16383077.jpg
f0360815_16383038.jpg
ベニテングタケ科のきのこ
f0360815_16383078.jpg
切り株の中に生えていたイタチタケ
f0360815_16433958.jpg
今日のきのこ場、ミズナラ林
f0360815_16433923.jpg
落ち葉を分解するスジオチバタケ
f0360815_16434024.jpg
ナラタケ
f0360815_16434074.jpg
スギタケ食べられる
f0360815_16434052.jpg
苔の上に生えていたナメアシタケ
子実体は5ミリしかない小さなきのこだ
f0360815_16480595.jpg
ミズナラ帯からブナの森へきのこを探す
f0360815_16480542.jpg
ウスヒラタケ
f0360815_16480524.jpg
スギの枯れ枝に着生するスギエダタケ



毎回ヒダナシダケ類きのこでは飽きてしまいから、本日、きのこ形ハラタケ類きのこを探しに森に入る。要約、まとまった降雨があって、森林土壌の濡れ具合は良好。山はきのこ臭が漂い、きのこ狩りコンデションはかなり良い。まもなく待ちに待った優良きのこ登場の時期がやってくる。

[PR]
by minoru-eco-kinoko | 2016-06-17 16:57 | 今日のきのこ | Comments(0)