渓畔林きのこ

f0360815_15400207.jpg
渓沿いにあったカワラタケ
f0360815_15400318.jpg
渓流沿いの斜面に自生する樹木を渓畔林と呼んでいる。渓沿いだから今年みたいなカラ梅雨模様の年には水分がたまる場所を好んで生えるきのこにとって、きのこ狩り対象には申し分ないきのこ場といえる。
f0360815_15400322.jpg
サルにいたずらされたマスタケ
f0360815_15400326.jpg
大当たりヒラタケ
f0360815_15400311.jpg
ヒラフスベ
f0360815_15400372.jpg
ヌナワタケ

片道2時間、単調な山歩きを終えた目的地、渓畔林がみえた。倒木きのこを探しながら歩き、立ち枯れに張り付いたヒラタケを発見する。今年一番のきのこ収穫となる。

[PR]
by minoru-eco-kinoko | 2016-06-12 15:55 | 今日のきのこ | Comments(0)