コナラからブナ林のきのこ

f0360815_15560148.jpg
アミスギタケ、地上型きのこ
f0360815_15560222.jpg
アミスギタケ、網目状の下面
f0360815_15560353.jpg
コナラとブナ林の中で見つけたタマチョレイダケ。まれに出るきのこ
f0360815_15560240.jpg
タマチョレイダケ、地下には菌核が埋まっている。
f0360815_15560305.jpg
タマチョレイダケ裏面
f0360815_15560465.jpg
ウラベニガサ

f0360815_15560452.jpg
ウラベニガサ裏面
f0360815_15560595.jpg
今日のきのこ場
f0360815_16071712.jpg
名前不明きのこ
f0360815_16071754.jpg
ブナの洞内に発生していたウラベニガサ




コナラからカラマツそしてブナ林となる稜線を歩き、春に発生するきのこを探る。めぼしいきのこは出ていなかったが、まれに見られるタマチョレイダケを発見できた。このきのこは地上型と倒木型があって運よく地上から出るタイプのきのこのようだ。

※きのこ名はきのこ図鑑から採用する

[PR]
by minoru-eco-kinoko | 2016-06-02 16:18 | 今日のきのこ | Comments(0)